FANDOM


ニクラウス・マイケルソン通称クラウスオリジナルズの主役(時にはアンタゴニスト/反ヒーロー)です。彼は元の主人公、ヴァンパイア日記のアンタゴニスト/反ヒーローです。クラウスはOriginal VampireとWerewolfで、オリジナルハイブリッドを作っています。

クラウスはAnselとEsther Mikaelsonの息子で、Mikaelの息子、Dahliaの甥、Freya、Finn、Elijah、Kol、Rebekah、Henrik Mikaelsonの母親の古い兄弟、無名の叔父未熟甥。クラウスは、ヘイリー・マーシャル・ケナー(Hyele Marshall-Kenner)の母親であるホープ・ミカエルソン(Hope Mikaelson)の父でもあり、救出した孤児のマルセル・ジェラード(Marcel Gerard)の父親でもあります。兄弟の中で唯一父親が違うため父親から虐待を受けていた。父親が違うのでハイブリットになってしまい、恐れた父親はクラウスの人狼の能力を魔術で封印した。そのため、クラウスは父親を恨んでいた。

クラウスはローズとステファン・サルバトーレの会話の中で、ローズのヴァンパイア・ダイアリーの第2シーズンで最初に言及されました。ローズはステファンに、オリジナルの吸血鬼について警告しています。これは、エレナ・ギルバートがクラウスが歴史上最も古い吸血鬼であったと信じていました。エリヤは、後にクラウスは隠遁者であり、非常に少数の人々を信用していると主張しています。

1000年以上にわたって、クラウスは彼に置かれた呪いを解こうとしていました。彼は太陽と月の呪いの神話を作り、実際の呪いを解くために必要だったムーンストーンとペトロワ・ドッペルゲンガーを見つけました。彼の目標は、彼が狼男と吸血鬼のハイブリットの彼自身の超種を嘆くことができるように彼の狼男側を解放することでした。

1492年、最終的に彼は呪いを解くチャンスを得た。しかし、カテリーナは吸血鬼に変身して彼女を犠牲に使うという計画を覆した。次の500年の間、クラウスはドッペルゲンガーなしで呪いを解く方法を探し、世代の魔女が彼を助けるようにしました。呪いを解く道を探しているうちに、クラウスは家族を追い詰めて中和しました。彼はまた、彼を逃れて月門を盗んだカテティナを狩った。しかし、クラウスが虐待的な子供時代を迎えたことから、彼はまた彼の父親、ミカエルからの執行中であったことにも留意すべきである。 クラウスがヴァンパイアになるのは10世紀頃。大きな力を持つ魔女の母・エスターによって、兄弟たちみんながヴァンパイアになる魔法(呪い)をかけられる。またクラウスは、イライジャやレベッカの父マイケルの子ではなく、母エスターが狼人間との間に身ごもった子だったという事実をつきつけられる...。つまりクラウスは自ら望んで人狼になったわけでも、ヴァンパイアになったわけでもない。母の不貞とそれを許せない父から虐待されるという、何とも親の身勝手な振る舞いにより、散々な目にあいながら、それを乗り越えて生きているというのが実際のところなのだ。

自分と同じハイブリッドの軍団を形成することに執着する(その作戦で狙われることになったのが『V.D』でのエレナである)クラウスだが、残虐行為を繰り返しながらも、イライジャとレベッカとの絆、『V.D』でのステファンとの友情に希望を持ちながら生きているようにも見える。そう、クラウスは実はとても孤独で寂しがり屋の青年なのだ。

Vampire-diaries-gifs-silvia99me
『オリジナルズ』は、そんなクラウスの子どもを狼人間ヘイリーが身ごもってしまう...というところから物語が始まる。果たしてこの結末やいかに...。
Tumblr mkehaxkjlt1s4q2oio1 r1 500

キャロラインにずっと片思いをしていたクラウス

クラウスとキャロラインの関係は、私たちの町で誕生日に命を救って以来、ゆっくり一緒になってきました。クラウスは後で、必要のないロマンチックな興味をキャロラインに展開し、彼女を家族のボールに招待しました。ボールのところで、彼らは一緒に踊って話をし、彼女はすぐにクラウスの柔らかい側を発見した。彼女はその夜帰宅し、クラウスの手で描かれた彼女と馬の絵を見つけました。シリーズが進行するにつれ、クラウスは彼女の目には、あまりにもスマートに彼に誘惑されたので、彼女は美しく、強く、光に満ちていたので、さらに彼女のために落ちた。彼女の友人が彼を殺す絶え間ない試みにもかかわらず、彼を気晴らししようとしていたCarolineの助けを借りて、Klausはまだ彼女を気遣っています。マイ・ブラザーズ・キーパーでは、キャロラインとKlausはエレナを救うために彼の雑種の1つと引き換えに受け入れた日付を持っていました。彼らは楽しい午後、Carolineが彼が人間になるための治療法を取るかどうかを尋ねるが、彼は治療法を取るかどうか彼女に質問することで尋ねる。その後、クラウスは、自分が再び人間になりたかった唯一の時間をキャロラインに明らかにしました。キャロラインはそれを好きです。クラウスが卒業のために戻ったとき、彼はどれくらい時間がかかっても彼女の最後の愛になることをキャロラインに話しました。彼はいつか彼女が彼を選び、彼に世界を見せると信じている。キャサリンの死を見るためにミスティック・フォールズに戻った後、クラウスはキャロラインと一緒に森の中にいて、彼は彼女に自分の気持ちを正直に尋ね、会話が終わったらすぐに立ち去る決して戻って来ない。キャロラインは結局、彼らがコネクションを持っていることを受け入れ、最初のキスを共有します。