FANDOM


ジェレミー・ギルバート(Jeremy Gilbert)はエレナ・ギルバートの弟。 普通の人間。マットと仲がいい。 過去にマットの姉ヴィッキーやヴァンパイアであるアンナと交際していたが、二人とも死んでしまう。 シーズン1両親の死からなかなか立ち直ることができず、ドラッグや酒におぼれがちだった。人間として生きていくことの辛さに耐え兼ねて、アンナの血を飲んだ上で自殺を図り、自らヴァンパイアになろうとしたこともある。キャロラインの母である保安官リズに誤射されて死亡するが、の魔力によって蘇った。しかしその時から、死者の霊と会話ができるようになる。その後、自分はハンターだと分かる。ハンターであった人の印がじぶんだけみえてしまった。ザ・ファイブというヴァンパイア・ハンターとして覚醒。ヴァンパイアを殺して、しるしを完成させる。 シリーズの初めになる前に、彼の両親は悲惨な交通事故で死亡しました。エレナは死ぬ前に救助した吸血鬼、ステファン・サルバトーレのおかげで生き残りました。事故に対処する方法として、彼は薬物の取り扱いと使用を開始したが、おそらく過量で死亡したと思われる最初の恋人、ヴィッキー・ドノバンが死亡した後すぐに止まった。彼の第二のガールフレンドのアンナを殺した後、ジェレミーはヴァンパイアの血を飲んだ後、吸血鬼になることを期待して故意に薬を飲みすぎて、人間性のスイッチをオフにすることができた。しかし、吸血鬼になろうとした彼の試みは失敗し、ピルが彼のシステムにもたらしたダメージが血液によって治癒された。 彼は後でBonnie Bennettとロマンチックな関係を結びました。Bonnet Bennettはゴースト・ワールドでアンナの体質の幽霊にキスした後に終了しました。ジェレミーは、デイモンが死に瀕死に陥った時の銃弾を投げ捨て、魔女であり、当時、魔女の埋葬地で百人以上の虐殺魔女の力を流していたボニーによって復活した後、フォレストのシェリフに撃たれた。しかし、彼に復活させた呪文もまた、幽霊を見る力を与え、死んだガールフレンドのヴィッキーとアンナの幽霊に幽霊に惑わされた。