FANDOM


6471efdda0515c70c82f2aea01c45eef--vampier-diaries-halloween-costumes

キャサリン・ピアース/カトリーナ・ペトロヴァ(Katherine Pierce / Katerina Petrova)かつてサルバトーレ兄弟をヴァンパイアにした人。タティア・ペトロヴァドッペルゲンガー。最初、エレナ・ギルバートと顔が似ているためエレナに成りすましていたがちょっとしたミスでバレる。キャサリンが現れた時サルバトーレ兄弟は必死にキャサリンを殺そうとするがとても強く悪知恵が働くためなかなか倒せない。勇逸キャサリンが頭が上がらないのがオリジナルズといわれる最強のヴァンパイア一族。その中でも最強であるクラウスの一時期は奴隷扱いされる。 生まれたカテリーナ・ペトロワ(ブルガリア語:КатеринаПетрова)はトラベラーのサブカルチャーの魔女で、ヴァンパイア・ダイアリーの元の主人公だった。彼女はまた、アマラの二番目に知られているペトロワ・ドッペルゲンガーと元の吸血鬼だった。彼女はシーズン1の主なアンタゴニスト(ほとんどがジョン・ギルバートとアイソベルの行動を通じて、墓の吸血鬼を殺すために彼女のために働いていた)と、第2シーズンの主なアンタゴニストの1つシーズン4とシーズン5の前半。彼女はまた、シーズン8の最終アンタゴニストでした。キャサリンは、第1シーズン、第2シーズン、第4シーズン、第5シーズン、そして8シーズンの主要アンタゴニストと、彼女の行動の結果であったすべてのアンタゴニストにより、シリーズ全体の主なアンタゴニストとみなすことができます。

彼女が1490年に17歳で養子縁組を余儀なくされたときに、婚姻外の赤ん坊の女の子を出産した後、彼女は彼女の家族を連れてきたことを恥ずかしく思って父親から断られた。彼女はその後、イギリスに追放され、彼女はすぐに新しい文化に同化し、ニールラウスとエリヤミカゼルソンの2人の貴族の兄弟に会った。最初は彼女は両方の男性に魅了されたが、彼女は最終的に彼女がPetrovaドッペルゲンガーであることを学び、クラウスは彼の狼男の側に縛られた呪いを解くために彼女を犠牲として使うつもりであると考えた。彼女は呪いに縛られたムーンストーンを逃走させて計画を破壊し、ローズを騙して彼女の血を流して吸血鬼に変身させた。キャサリンはもはや人間ではなかったので、彼女の血はもはや呪いを取り消す儀式の実行可能な要素ではありませんでした。クラウスはキャサリンの破壊活動にとても怒りついていたので、彼女は彼女を追いかけて500年以上も生き延びた。 吸血鬼としての彼女の最初の世紀の彼女の活動は不明ですが、15〜19世紀のある時点で、彼女はエイリアス "キャサリンピアス"(彼女の誕生日の名前の英語版)を取得し、最終的に出会って、エミリー・ベネット。 19世紀後半、彼女はミスティック・フォールズを訪れ、ステファンとデイモン・サルバトーレに会いました。ステファンとデイモン・サルバトーレは、彼女の家族がサルヴァトーレ・エステートで彼女を迎えました。彼女は後で両兄弟と恋に落ち、その後、彼女の血を与え、1864年の早い秋に父親に殺害された後、最終的に吸血鬼になった。創始者評議会が町の吸血鬼のアイデンティティを見つけたとき、彼女は彼女の死を偽って、ムーンストーンと引き換えに彼女を助けたジョージ・ロックウッドの助けを借りて、墓の中に封印されて脱出した。

20世紀には、1920年代と80年代のシカゴでの2つの別々の目撃を含む、クラウスからまだ隠れている間に、彼女はステファンを熟考し続けました。 2010年、彼女はミスティック・フォールズに戻って、彼女を後にしたペトロワ・ドッペルゲンガーをエレナ・ギルバートに引き渡すことで、クラウスからの自由を最終的に獲得するつもりだった。クラウスとの潜在的な取り引きを甘くするために、彼女は彼女のシステムにデイモンの血を持っていたし、後に吸血鬼に移行キャロライン・フォーブス、殺した、と彼らはそれぞれの吸血鬼としても役立つ可能性がちょうどので、彼らの狼呪いをトリガーにメイソンとタイラー・ロックウッドと儀式に必要な狼男の犠牲。彼女はムーンストーンを追跡して、彼の呪いを解くのに必要なすべての要素をクラウスに与えることさえできた。しかし、彼女の計画が最終的に落ちたとき、クラウスはミスティック・フォールズを逃した。クラウスが自分のハイブリッド・カーズを破った直後に、彼は半年前の彼女の裏切りで彼女を処罰しなかったことを知った。

Tumblr lmfs6iANkO1qh91jxo1 500

これらのイベントの後、彼女は夏のために走り続けたが、人類への帰還が何世紀にもわたって作った様々な超自然の敵のすべてに脆弱になったことを認識したとき、彼女はミスティック・フォールズに戻り、ステファンとデイモンが彼女に保護を与えた。しかし、彼女は不滅のシラスがサルヴァトーレの寄宿舎で彼女を探しに来て、彼女を殺そうとしたときに再び逃げた。シラスは後にデイモンに、キャサリンの血が摂取した後に治癒したことを明らかにしました。なぜなら、キャサリンは自分自身を治して死ぬことができ、死後の真の愛と再会できるようになったからです。彼女は数週間、彼から走ったが、最終的に、デイモンはシラスがキャサリンを家に誘うのを助け、彼の血を与え、彼を魔女に戻した。

シラスが完全に血を流した後、キャサリンは死んではならなかったが、キャサリンの生存者の本能は消え去った。残念なことにキャサリンにとって、彼女はすぐに彼女の血流から取り除かれた治療法が、彼女が不死身の吸血鬼として生きていた500年以上を補うために、急速に老化し始めたことをすぐに知った。死ぬ準備ができていない彼女の娘ナディアは、トラベラーの娘として、キャサリンは他の誰かの体の旅客になるために必要な魔法の力を持っていることを思い出させました。彼女はナディアとMiaという旅行者の助けを借りて、彼女の魂をElenaの体に移すために、最終的に旅客の呪文をキャビンに投げ込んだ。ギャングがこれを発見した後、Stefanは彼女をElenaの体から追放してTrainer Knifeで刺したが、Katherineが死に至るナディアと相殺した前ではなかった。彼女は学んだ後、反対側への入国を拒否され、娘との再会も否定され、目に見えない力によって何かの地獄になると推定された。

Giphy-0